1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:22:57.48 ID:FYxkSC3DO

妹「まぁ兄貴のだけど勝手に飲んじゃえ!・・ゴクゴク・・・ふむ、まぁまぁイケるな。」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:27:12.72 ID:5SKZE8w/0





9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:28:44.76 ID:FYxkSC3DO

兄「ただいま~」

妹「おかえり兄ぃ、ゴクゴク・・ぷはぁ」

兄「・・・おまっ!そっ!ソレ!?」

妹「あ、ごめんね~、勝手に飲んじゃってま~す」

兄「あああああああああああああ」

妹「な、何よ・・?そんなジュース飲まれたぐらいでこの世の終わりみたいな顔されても・・」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:33:40.86 ID:FYxkSC3DO

兄「全部・・・飲んだのか・・・?」

妹「あ、うん。いやごめんね、後で買ってくるし・・・」

兄「いや、いいんだ・・」

妹「何よ、ホントにヘコミ過ぎだってばぁ~」

兄「お前は・・・もう妹では無い・・」

妹「はぁ?」

兄「くり・・じゅう・・」

妹「はぁ?何て言ってるか聞こえな・・」

兄「くりまんじゅうだよぉおおおお!!!!!!!!!!!!!!」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:34:18.20 ID:g4r8yMTUO

宇宙の片隅で無限に増え続ける妹か
胸が熱くなるな



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:34:50.05 ID:yW6yNjma0

バイバインってその後宇宙でどうなったんだろう


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:36:56.49 ID:5SKZE8w/0

>>14

5分ごとに倍の計算だと
23時間と10分後に宇宙体積を超えて宇宙終わるらしい



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:46:35.48 ID:hep6eQrlO

>>15

ワロタwwwwww


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:39:11.63 ID:FYxkSC3DO

妹「ぅわっ!ビックリしたぁ~・・・ちょっといきなり大声で意味わかんない事言わないでよ・・」

兄「お前が飲んだのはなぁ!秘密道具のバイバインなんだよぉ!」

妹「だから何なのよっ!」

兄「それをかけたら何でも5分で倍になる・・1が2、2が4、4が8だ・・」

妹「はぁ~?」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:46:38.67 ID:FYxkSC3DO

兄「わかるか?お前は倍で増え続ける・・」

妹「・・・う~ん、とねぇ、まぁ暑い日が続いているからねぇ・・」

兄「8は16に、16は32、32は64で64は128・・」

妹「わーった、わーった。勝手に兄のジュース飲んで私が悪かったからもうヤメ・・!!」

兄「!!!!!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:50:32.80 ID:FYxkSC3DO

妹「?」
妹「?」

兄「・・・・・お・・・あぁ・・」

妹「何・・」
妹「コレ・・?」

兄「はじま・・・た・・・・」

妹「ちょっと・・!」
妹「こんな事って・・・!?」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 20:56:18.78 ID:FYxkSC3DO

兄「ヒィヒヒヒ~倍の倍のバァ~イ、チンチロリ~ン。ふひ、ふひゃひゃひゃ!」

妹「ちょ!兄!壊れてる場合じゃないわよ!!」
妹「マジでシャレになんないって!」

兄「2時間15分後に僕には一億人の妹が出来ま~す。ふひゃひゃひゃ!ふひー!」

妹「笑えないっつーの!」
妹「ちょっと何とかしなさいよ!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:01:01.42 ID:FYxkSC3DO

妹「ちょっとバケツに水汲んできて」
妹「はいよ」

兄「うヒィ~ヒッヒ!宇宙に飛ばせ~宇宙に飛ばせ~」

妹「せーっの!」
妹「おりゃあ!」

バシャアアア

兄「・・・ハッ・・ハァ」

妹「さて頭冷えたかしら?」
妹「なんとかこの状況を止める方法を考えるのよ!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:06:40.37 ID:FYxkSC3DO

兄「ハァ・・なんとかって言ってもなぁ、漫画ですら宇宙に飛ばして丸投げたんだぞ・・」

妹「じゃあ宇宙に飛ばす以外で何か考えてよ!」
妹「現実的かつ素早く解決する方法を!」

兄「う、うん・・・・・実は・・いや・・」

妹「何よ?」
妹「何かあるの?」

兄「ある・・事は・・・ある・・・」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:13:06.58 ID:FYxkSC3DO

妹「なんだぁ!あるなら最初から言ってよぉ~」
妹「良かったぁ、じゃあ早く戻して!どうするの?」

兄「・・・・・・いや、うん・・俺がやらなきゃ・・な・・・」

妹「何よ、もったいぶらずに早く教えなさいよ」
妹「急がなきゃまた増えちゃう・・」

兄「さよなら」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:18:03.64 ID:FYxkSC3DO

妹「は?何がさよならなの?」
妹「意味わかんな・・って何で泣いてるワケェ~?」

兄「わかってくれ・・俺も辛いんだ・・・本当にすまない・・でも俺がやらなきゃ・・」

妹「俺が・・ヤる?」
妹「ねぇ・・?まさか兄貴・・・!?」

兄「あぁ・・お前を殺す」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:26:49.85 ID:FYxkSC3DO

妹「ちょっ・・!」
妹「本気で言ってん・・」

兄「動くな。」

妹「・・・ッ!!」
妹「・・ッ!」

兄「少しでも動いたらこの包丁で刺し殺す!!」

妹「兄貴・・・」
妹「ウゥ・・兄貴・・・」

兄「くっ・・・安心しろ・・お前が逝ったら・・俺も逝・・・・あぅあ!?」

妹「え?」
妹「あ?」
妹「キター(・∀・)ー!」
妹「やぁ」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:29:24.88 ID:ShgAk5Y/0

今ここで息の根を止めても駄目なの?
妹の亡骸が倍々になるだけなの?


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:30:31.52 ID:9WiXZ5N3O

>>35

くりまんじゅうのときはくったらなんとかなったから
ある程度形が崩壊すると効果がきれるようになってると予想


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:30:26.57 ID:FYxkSC3DO

兄貴「しまったぁあああ!!!」

妹「バカー!」
妹「何やってんのよ!」
妹「(>_<)」
妹「ふむ」

兄貴「こうなりゃヤケだ!死ねやぁあああ!!」

妹「キャー!」
妹「危ない!」
妹「w(゚o゚)w」
妹「ほぅ」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:40:43.44 ID:FYxkSC3DO

兄貴「くっ!避けやがった!おとなしくしやがれ!」

妹「おとなしくするワケないでしょ!」
妹「いやよ!殺されるなんて!」

妹「(-.-)」
妹「だな」

兄「ここで止めなきゃもう取り返しがつかねぇぞ!?わかってんのか!?あー!?」

妹「だからってさぁ!私だって殺されたくないわよ!」
妹「く・・こうなったら殺られる前に」
妹「(゚-゚)」
妹「殺れ」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:44:48.47 ID:FYxkSC3DO

兄「なんだとぉ!?」

妹「それぇ!!」バッ!

兄「ブハッ!小麦粉!?」

妹「今の内に散るのよ!!」

妹「(*_*)」

妹「ふっ・・」

兄「ゴホッ、ゴホッ、前が見えな・・クソッ!!逃げやがった!」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 21:53:35.19 ID:FYxkSC3DO

兄「クソッ!悪あがきしやがって・・・こうなったら一匹残らず見つけ出して皆殺しにしてやる!」

ガラッ・・・

兄「・・・(台所から居間、両親の部屋、風呂場、トイレ、二階のそれぞれの部屋・・隠れるにしてもたかが知れてる・・)」

兄「(まずはこの台所から繋がる居間・・には誰もいないようだな・・・)」

妹「・・・」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 22:01:04.57 ID:FYxkSC3DO

グサッ

兄「え・・(背中・・・!?!?)」

妹「台所から出ていったと思ったか・・?」

兄「クッ・・お前は・・4番目の妹・・!!」

妹「あんた・・背中が透けてるぜ・・・」

兄「(果物ナイフか・・?背中が・・熱い!だが・・)しゃらああああああ!」ブンッ!

妹「おぉっ・・と!危ない」

兄「ぶっ殺す!!!」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 22:42:59.88 ID:FYxkSC3DO

妹「威勢の良いことだな。だが私は殺せまいよ。」

兄「あぁ?ちょっと背中引っ掻かれたくらいなんでもねーよ。お前一人殺すくらいワケないぜ」

妹「あぁ、だが残念だ。ちょうど時間となりました。どぉぅぞご覧あれ」

兄「・・あ・・・あああ!」

妹「形勢」
妹「逆転だな。」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 23:01:45.04 ID:FYxkSC3DO

兄「クッ・・!間に合わなかったか・・・!!」

妹「私は左から切りつける」
妹「では私が右からいこう」

兄「クソッ・・(さすがに厳しい!一旦台所からは逃げよう!!)」 バッ!

妹「(^0^)/」
妹「(^0^)/」

兄「な、いつの間に!?」

妹「残念だったな」
妹「チェックメイトだ」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 23:18:47.23 ID:FYxkSC3DO

妹「貴様も私を殺そうとしたんだ、自分が殺されてもよもや恨むまいよ」
妹「安心しろ、せめて苦しまずに死なせてやる」
妹「(・∀・)ニヤニヤ」
妹「(>_<)ゴメンネー」

兄「ち、ちくしょお・・・」
ガラッ

妹「ちょっと待った!」
妹「殺しちゃダメ!」

兄「(本物の)妹!!」

妹「何をいまさら」
妹「怖じけづいたか本体」

妹「違う!やっぱりこんなの間違ってる!・・・私達は兄弟だもん!」
妹「もうヤメよう・・・ね?」

兄「妹・・・」

妹「困ったな。殺す人間が増えた」

妹「なんですって!?」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 23:28:51.95 ID:FYxkSC3DO

妹「兄弟愛はすばらしい事だが、邪魔をするなら死んでもらう」
妹「本体もろともここで死ぬがいい!」
妹「(>_<)」
妹「(*_*)」

妹「何よ!分身のくせに!」
妹「私に逆らうっていうの!?」
妹「やれるもんならやってみなさいよ!」
妹「アンタみたいな性悪女には負けないんだからぁ!」

兄「妹早くしろ・・!もうすぐ20分だぁ!!」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 23:44:08.16 ID:FYxkSC3DO

妹「・・・あ!!」

兄「・・あぁ・・・!!増えやがった・・・ついに16人・・」

妹「争いをやめるのです!」
妹「私達は手を取り合わなければなりません・・・」
妹「ちょっとそっち詰めてよ~」
妹「何か喉渇いたし私」
妹「ウゼェなぁ、もうみんなぶっ殺そうぜ」

妹「賛成~」
妹「え~何?暴力反対~」
妹「これ以上増えてもしょうがねぇし」

妹「ちょっとうるさーい!」
妹「話を聞いてー!」
妹「とにかく話し合おうよ」
妹「もうヤダー」
妹「(^_^;)」
妹「(>_<)」
妹「収集がつかんな」
妹「終わったな」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/12(木) 23:59:18.90 ID:FYxkSC3DO

妹「麦茶飲む人~?」
妹「はーい」
妹「あ、私も」
妹「私牛乳で」
妹「コップそんなにあるかなぁ?」
妹「あ、じゃがりこ発見!」
妹「あ、それ私の!」
妹「つまり私のでもあるわけですね」
妹「みんなで召し上がりましょう」
妹「食べる食べるー」
妹「腹が減っては戦は出来ぬというしな」
妹「ちょっとゆっくりするか」
妹「(^-^)」
妹「(-.-)ゝ」
妹「ちょっとのんびりしてる場合じゃないってばぁ!」
妹「あと5分で32人になるんだよ!?どうするのよ~!?」

兄「うん、そうだね。プロテインだね。」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 00:18:33.07 ID:0pPpK4CeO

そして3日後。アメリカ某所─

地球連合軍「来たぞ!撃て!撃てー!」

ドゴーン!ドゴーン!

妹「きゃー」
妹「ぐはぁ!」
妹「怯むな!」
妹「進め進めぇ!」

ドドドドドドド・・・・・・・

地球連合軍「なんて数だ・・もう兵器も食料も底をついた・・・」

地球連合軍「仕方ない・・・あの計画を実行せねばならんか・・・プレジデント、さぁ乗ってください」

米大統領「うむ・・地球よ・・さらばだ。」

地球連合軍「全軍に告ぐ!直ちに脱出用ロケットへ集まるのだ・・!繰り返す・・!」

米大統領「間もなく600発を越える核ミサイルが地球に降り注ぐわけだね・・。
永い永い地球の歴史も2012年で幕を閉じるというわけだ・・・」

妹「うぉー!」
妹「待てコラー」
妹「逃げんのかー!?」
妹「(>_<)」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 00:21:11.35 ID:PZOK5oqGP

結局戦闘系の妹が残ったw


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 00:34:22.51 ID:0pPpK4CeO

兄「ふぅ・・東京もすっかり変わったな。見渡す限り焼け野原。な~んにもありゃしねぇやっと。」

妹「お腹すいたぁ!何か食べたい~!喉かわいたぁ!」

兄「だからさっきから探してるじゃねぇか・・・っとぉ、コレは冷蔵庫かな?」

ガチャ、

妹「やたあー!ビンゴォ!何か飲み物ちょーだい!」

兄「おう!・・・・ちょっ!!ちょっと待て!・・・これ見ろ!」

妹「何よ?」

兄「新商品だ・・・!」

妹「どゆこと?」

兄「ヘリヘリン・・・!!」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 00:47:52.30 ID:0pPpK4CeO

妹「まさか・・・!?」
妹「それって!?」

兄「(また増えた・・)あぁ、おそらく・・これを飲めば・・・」

妹「・・・うん。」
妹「ちょーだい・・・飲んでみる・・」

兄「おぅ・・・」

ゴクッ、ゴクッ
妹「ん・・ぷはぁ~」
妹「おいしー」

兄「頼む・・・」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 00:50:56.10 ID:0pPpK4CeO

兄「10秒前・・・・・3・・2・・1・・!」

妹「あ・・!」
妹「

兄「!!」

妹「消え・・た・・・」

兄「・・・はは、やったな。」

妹「良かったぁ~」

兄「あぁ、本当に良かった・・」

妹「これで元通りだね!・・・地球は元通りにはならないけど・・・」

兄「・・いいさ!二人で新しい地球を作っていけば!」

妹「・・・!! そうだね!そしたらいつかまた元通りになるよね!」

兄「あぁ、これから俺達が新しい時代を作っていくんだ!」

妹「うん!」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 01:08:15.93 ID:0pPpK4CeO

妹「って言っても、まず何したらいいのかな?」

兄「とりあえず川の近くまで歩いて家作ろうか?寝るとこいるし・・それに・・・」
妹「それに?」

兄「あー、なんだ・・その・・アレだ、子作りもしていかなきゃいけないし・・・//」

妹「子作・・・はぁ~!?バッカじゃないの!?///このド変態!何考えてるのよこんな時にぃ!!//」

兄「ちが、チガウぞ!俺は人類の代表としてだなぁ・・・!!///」

妹「うるさい!・・・馬鹿兄貴・・・///」
兄貴「チガウって!ごめん・・」

妹「・・もう・・兄貴が馬鹿なこと言うから疲れた・・・・おんぶして・・!///」

兄「!!・・・あぁ、いいよ、ほら」

妹「ん」

兄「・・しょっと、いつぶりだっけな?こんなの」

妹「ね?昔はいつもしてもらってたよね・・。/// あ!ねぇ見て!流れ星!!」

兄「おわ!スゲェや!大流星群だ!」

妹「綺麗ね・・・」
兄「あぁ綺麗だ・・・」

END


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 01:20:44.84 ID:PPUR/XXnO

うまいことオチたね。